未経験でも転職できるエンジニアとは

転職と言うと、大抵の企業では即戦力を求めるものだ。同じような仕事の経験を持つ人材を募集して、教育することなくすぐに業務に就いてもらえるメリットがあるわけだ。ところが人出不足が続くエンジニアの世界では、スキルなしでも転職は可能である。とにかく技術者の人口が足りない状況の中で、必要とする人員を確保するために多少スキルが不足していても携われる業務を用意しているからだ。中には就業先で人材育成を行うところもあるが、エンジニアは自分で勉強しなければいつまで経っても進歩できない仕事である。とにかくスキルなしでもできる仕事を通して、いかに技術力を身に付けるかが重要だ。

そして業界では、プログラマーとは別に管理職の人口も足りないことが問題になっている。その理由として、多くの技術者は持分の領域に関する向上心は持っていても、組織の運営などといったマネジメントに関わることには関心を持たないからだ。そのためにビジネススキルを身に付ける風習が無い上に、企業でもそのような育成を行う余裕が無いのである。そこでスキルなしの人材でもマネジメント能力を磨くことによって、多くの報酬を求めることが可能だ。未経験者でも学歴がなくても、自分の努力次第でいくらでも道が開けるのがこの業種の特徴であり魅力というわけだ。

そしてそれもひとえに、慢性化した人出不足が背景にあるからだ。それに加えて技術の進歩が早いことも、未経験者が参入しやすい土壌となっている。要は自分の努力次第で参入できる業界であるということである。もしスキルがなくて未経験でもエンジニア職に興味があるのであれば、検討してみるのもいいだろう。
ちなみに私のおすすめサイトはこちらだ<<<http://cc-withoutskills.com/>>>

Comments are closed.