スキルなしでIT業界に参入する方法

スキルなしでエンジニアへの転職を行うのは難しいと感じている人は多いのではないだろうか。しかし、実際にはエンジニアとしてのスキルを持っていない場合でも転職に成功している人は存在しているのだ。では、スキルを持っていなくても就職に成功する秘訣とは何なのか。

まず第一のポイントと言えるものは学習に対する姿勢である。どういうことかというと、スキルは持っていなくても、自分は今この分野について必要な技術や資格について学んでいるのだというアピールをするのである。もちろん格好だけでは意味がないので、基本的な部分は本を読んで知識として蓄えておく必要がある。この行為の大きな狙いは自発的に勉学に励める人間であるという部分をアピールすることにある。そう思わせることによって、この分野に伸びていく人間であり、自社への利益に関わってくれる重要な人物だと感じてくれるのだ。

第二のポイントとして挙げられるのは自分の武器が何なのかという問題だ。転職を考えているということは前に勤めていた職場での実績があると言える。分野が違っていても、その職場で経験したものが自分の身になっているのは間違いない。つまり自分には何かしらの大きな武器があるのだ。その武器を次の職場へのアピールに使わないのは非常にもったいない。だから、まず自分が得意とする部分が何処なのかを自分なりに分析する必要がある。その分析をもとにして、自分のアピールできるポイントを作っておく。こうした準備を行うことでスキルなしでもエンジニアになれるのである。

Comments are closed.